集団ストーカー周知活動~未来のために~
プロフィール

Author:miko
この被害に遭ってからブログに
記録を綴る事で多くの方にこの
犯罪を知って頂きたいと思って
おります。
犯罪の特性として第三者に気が
付かれにくい部分もありますが
周知活動を続けていきたいと思
っております。今後は具体的な
事を綴っていく予定です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉松さん自らのこの一言に、ご本人の熱い信念を感じます。
ブログの記事も、かなり詳細な部分も載せられており、複雑な事件背景を説明されております。

信念をもって社会に問題提起しています。何も知らなければ、何も気付かない。私は当事者ですのである程度は気づきますが、私がこうして発信しなければ皆さんには何も伝わらないのです。」

この言葉は、ストーカー犯罪に関わる全ての人にとって、同じ意味を持ちます。
前回の吉松さんの記事以降も、更新されていますので、見ていただきたいと思います。個人で感じ方は様々だとは思いますが、記者会見も行い世界に発信された事件ですので、この問題を放置、無視する事は、ストーカー犯罪に関わる全ての人が放置、無視されているという事実と言えるのでは無いでしょうか。
ネットで発信している問題も、メディアで無視されている状況では周知速度は遅いかも知れませんが「草の根運動」と言うべき被害者全体の活動が、いつか実を結ぶ日が来るまで活動を進めて行きたいと思っております。
スポンサーサイト
吉松育美さん近況(2)
吉松育美さんのストーカー規正法に関する、新しい記事が更新されていました。
日本とアメリカの法整備の違いを載せられています。

「 私は今年の1月頭に裁判所へ接近禁止命令の仮処分申請をしましたが、8ヶ月たった後に仮処分は下りませんでした(「接近禁止命令」(Ⅲ)。」

とあり、かなり長い時間をかけてもこの様な結果しか出なかったという現状を載せてられております。
アメリカでは、もっと迅速に対応するとの事です。
そして日本では、吉松さんの被害の場合ストーカー規正法に「該当しない」との事です。誰が聞いても、おかしいと感じざる負えません。こんな奇異な法律では被害者は救われないはずです。

アメリカの差は歴然としたもので「ストーカー」犯罪も
・Domestic Violence
(対象者:身内、恋愛関係にあった者、同居人、配偶者など)
・Elder or Dependent Adult Abuse
(対象者:65歳以上の高齢者または身体障害者)
Civil Harassment
(対象者:全く面識の無い人、又は自分とは関係が近くない人物)

・Workplace Violence
(対象者:仕事関係者)
と細かく分けられています。
(不法な暴行、性的暴力、ハラスメント、嫌がらせ、脅し等も含む)
全く面識の無い第三者からのストーキングや嫌がらせというものは「Civil Harassment」という分類の中に含まれます。 Harassment」とは、一般的に自分とは面識の無い人物または、自分とは近くない人物から精神的暴力、嫌がらせ、脅しと感じるもの、スト=キング、性的暴力を受ける事を指します。
ストーカー行為は恋愛感情のもつれだけでなく、人間が持つ感情(嫉妬やねたみなど)、金銭問題、人間関係など様々な要因で起こりうるものだと思います。ストーカー規制法も規制の対象がもっと広くなると、より多くの方を救えると思います。
日本では2013年のストーカー認知件数2万1千人と過去最多。今年の1月~6月までのストーカー関連事件での摘発事件数も去年の4倍超とニュースで見ました。以下略。

一部抜粋させて頂きましたが、国が違うとはいえ、同じ人間が犯す犯罪について差が有りすぎますね。尚、太字で記載した部分は集ストの最たる特徴です。この犯罪が水面下から顔を出さないのはこの特徴があるからです。
犯罪があるから法で取り締まる必要があり、ここが未完成な状態でこの犯罪で命を落とす事は、法がもたらす「人災」と言えるかも知れません。
吉松育美さんの近況
現在アメリカで活動されている、吉松育美さんからストーカー規正法に関して新たな記事が掲載されていましたので、感じた事を載せたいと思います。
amba.to/1qARnK8
(ストーカー規正法についてⅡ)
事実被害を受けていても、被害を訴え際に、どんな対応を受けるのかを書かれています。今の法律のままの形がそのまま当てはまらないと、警察はそこで被害者との間に壁を作ります。教科書通りの事意外では、被害を受けていても対応できませんという現実は多くの被害者の方たちの大きな壁になっています。
今回の事で憤りを感じたという吉松さんの思いは、私自身も同じく感じています。
一個人への、執拗な執着というのは、何も特別な事では無くその辺にある話と思います。
「 いじめ 」もそうですね。一個人に対して、複数、あるいは集団で粘着質に嫌がらせを行います。そして罪の意識は集団であればあるほど薄れます。
「私だけじゃない・・」という心境でしょうか。違います。同罪ですよ?考えようとしない、考えたくないだけで、同じ罪を犯しているに過ぎません。受けている人間にとっては同じ輩でしょう。
問題を問題として考えない人々により、本当の犯罪までもがうやむやになってしまう。
1人でも、犯罪を「犯罪」として考えていける人が増えるよう、周知活動を進めていきたいと思います。
報道されるべき事が報道されない
ニュースや芸能関係の事で、事実として社会で取りざたされている事が組織によって都合の良い物悪い物とより分けられて居る事に気がつきました。
今更な事かもしれませんが、芸能ネタも見ていてもつまらない物が多く本当に必要な情報が無いものとして無視されているという事実に、闇の深さを感じる事が出来ます。もっと重要で、もっと大事な事が沢山あるはずなのに・・・。
世間を騙してたと、最近テレビがある方について賑やかになっていますが、この報道を流している側がそもそも視聴者を騙していると言っても良いのでは無いでしょうか(全ての関係者が悪とは言いません)反対の立場になったら、こんな騒ぎでは済まないと思います。
ヨーコ・オノ・レノンさんも賛同
吉松育美さんの「ストーカーZERO」キャンペーンに、ヨーコ・オノ・レノンさんも賛同されました。
Twitterでツイートされているとの事です。
まだ状況を見守る形ではありますが、とても力強い事だと思います。
皆さま、様々な形で世の中に広まりつつあるストーカー問題、そして付きまといや嫌がらせにも様々な形があり、また最近起きた問題では無く、特に集団ストーカーという犯罪もですがかなり以前からあったと言う事にも、メスが入る事を願っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。