集団ストーカー周知活動~未来のために~
プロフィール

Author:miko
この被害に遭ってからブログに
記録を綴る事で多くの方にこの
犯罪を知って頂きたいと思って
おります。
犯罪の特性として第三者に気が
付かれにくい部分もありますが
周知活動を続けていきたいと思
っております。今後は具体的な
事を綴っていく予定です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルトナンバー車両・多い特徴
このナンバーの車両に乗っている人物を見ると、一見普通の人も居ますが、様子の悪い男も(チンピラ風)このナンバーに乗っている事が多いです。
資金でも貰っているんでしょうか?
カルトとは言え宗教に属している人間には到底見えません。
宗教と言っても世界にはその思想の為に、殺人やテロを起こす人間はざらに居ますので宗教=善人とは限りません。むしろ思想が偏った団体だと、人を人と思わない事もあるので危険極まりないです。
スポンサーサイト
行列のできる法律相談所
この番組で、深刻化するストーカ-問題を取り上げました。
まだ集団ストーカーという名称は出ませんでしたが、交換ストーカーという犯罪について述べています。新しいストーカーの手口で、復讐サイトなどで面識の無い者同士がお互いの情報は明かさずにターゲットの情報だけを交換し、ストーカー行為を代行し合うという手口を紹介しています。
一度でも関わりがある人間が行うと、すぐ足が付きやすいので他人に託すと言う形でやるのだそうです。
無関係な他人がやると辿れないので、犯人を特定できないと言うからくりがあるとの事です。こういった犯罪はあるのです。
ネットを悪用し、他人を苦しめる・・深刻な問題ですがまだまだしっかりとした法整備は整いません。
また、ネットを悪用する意外にも個人を勝手な理由でマークし、付きまといや嫌がらせを行う組織、輩が日本に居る事も色々なサイトでupされていますので注意深く見ていきたいと思います。
こんな団体が日本に居るなんて・・・と思う方も居るかもしれませんが国の中枢に堂々と蔓延っていますので、知ってる方は知っていると思います(ネットで政界や芸能界・マスコミなど幅広く潜り込み様々な影響を与えているそうです※決して良い影響では無いです)
もっとメディアで取り上げ、個人でも声を上げ、こういった犯罪に目を光らせないとバレなければ何でも良いと、やりたい放題の世の中になってしまいます。
ターゲットになったら、複数の面識も無い人物からの嫌がらせや待ち伏せの被害に遭います。
この様な犯罪が横行すると、自殺者が出る可能性もあります(すでに出ているかもしれません)一刻も早い法整備が必要です。
皆でやれば怖くない・集団心理
宗教もそうですが、個人の力は小さくても団体になれば何でも出来る、怖くないという心理が働くようです。
一人が一人に行うとなれば膨大な時間と、労力と顔馴染みでもなれば自分の身が危ないと感じます。
ですが、集団になれば誰がやったか、というのが見えにくくなります。
そこを突いた犯行と言えます。
学校でのいじめもそうでは無いでしょうか。
一人対一人というのはあまり無いと思います。
必ず複数で一人を追い詰めます。
こういった事は昔からありますが許される事ではありません。
待ち伏せ
自宅周辺に現れる不審な学生が、会社付近でも出没しています。
会社の脇には店があり人の往来はあるほうですが、会社の前や付近でうろつき会社から出ると、待っていたかの様にこちらの様子を伺い立ち去る際も追って来る様な時もあれば、身を乗り出してこちらを見ているという奇妙な状況に遭遇します。
車の特徴とNOで居ると分かると出待ちしている様です。気味が悪いです。
こんな事が外出先で起きます。
ただしいつも同じ人物では無くスマホ片手に2、3人というバージョンで現れ、不審な行動をします。
とても気持ちが悪いですが、これからは防犯目的・証拠保持の為に、他の方法でも記録していきます。
不自然な場所で不自然に現れる
この被害は以前からですが、自宅周辺に不審な人物で(これも学生でしたが)紹介したような学生が現れます。
自宅の奥には年配か小さな子供居る世帯しか無く、道の先は行き止まりでこの場所に学生がわざわ来るのが不思議に思う様な場所です。
前回のカップルもそうですが存在をアピールが目的でわざわざ来るのでしょうけど。そして、自然に現れたつもりかもしれませんがとても不自然です。
そして、今後は周辺の方たちにも周知してくつもりです。
感の良い方は「何かおかしい・・」と感じて居ますので。
被害がある限り周知を続けます。
この犯罪の認知が遅れているのは、嫌がらせ行為をする者が被害者とは直接面識が無い者による犯罪だからと感じます(主犯とは面識があるかもしれません)
普通、ストーカーというのは恋愛絡みで恨みをもった人間の犯行と言うのはすでに世間に認知されていますが、この犯罪の特性として、一方的に恨みを持った主犯(人数は特定しません)が捏造した中傷、個人情報をネットに晒しそこからねずみ講の様に一般の人間が影で手を組み、個人に嫌がらせを行う。
この仕組みがより一層この犯罪を、表面化しにくくしている要因だと思います。
日本の各地でこの様な犯罪が起きているのに、メディアでも都合の悪い事は取り上げない事もあり、苦しんでいる人が大勢居ます。一見何の繋がりも無いかの様に集団で付きまとい個人を精神的に追い詰める・・とても卑怯な行為・犯罪です。同じ人間として軽蔑します。
これが今の日本なんでしょうか。学校で社会でこの様な事が起きています。
そして被害を大きく分けて「集団ストーカー」と「テクノロジー犯罪」というのがあります。テクノロジーでの被害は直接的な痛みがあり激痛をも伴う形で行われる様です。こちらも多くの被害者がおり、一刻も早い対策が必要です。
性質の悪い人間が以上増えない為にも、被害者を増やさない為にも、周知活動は止めません。
この犯罪を周知するというのが、使命なのかもしれません。
自由欄
自由な記事を載せようと思い作りました★☆★
ちょっと一息という感じで☆★☆
ヨーコ・オノ・レノンさんも賛同
吉松育美さんの「ストーカーZERO」キャンペーンに、ヨーコ・オノ・レノンさんも賛同されました。
Twitterでツイートされているとの事です。
まだ状況を見守る形ではありますが、とても力強い事だと思います。
皆さま、様々な形で世の中に広まりつつあるストーカー問題、そして付きまといや嫌がらせにも様々な形があり、また最近起きた問題では無く、特に集団ストーカーという犯罪もですがかなり以前からあったと言う事にも、メスが入る事を願っています。

吉松育美さんの被害
皆さまはご存知でしょうか?2012年の「ミス・インターナショナル世界大会」で日本人初となる世界一に輝いた方です。この方は芸能プロダクション「ケイダッシュ」幹部の谷口元一という人物から脅迫などを受け、詳細は省きますが自宅周辺にも見知らぬ男が張っていたり動画でもその男が連行されている場面が紹介されています。
身の危険を感じ裁判所に行き被害を訴え所、後に信じられませんが「この件は無かった事にしてくれないか」と裁判所から連絡が入ったという、唖然としてしまう様な状況の中におられます。
それほどこの吉松育美さんを追い詰めていたのは力を持つ人物なのでしょう(有名な宗教団体組織の人間だそうです)
ですが今回の被害を受けて「ストーカーZERO」を立ち上げ安倍首相の妻、昭恵夫人もこの活動に賛同し協力して下さっています。
なかなか表立って表面化しなかったこの種の問題がだんだん大きな社会問題になりつつあります。
そしてストーカーでも、恋愛以外の様々な形で悪質な被害を受けている方も居ると言及して下さいました。
そこに集団ストーカーの名前も上がっています。
一歩ずつでも、この種の問題全てが公になり、安心して生活が出来る世の中になって欲しいと願っています。
この件について詳しくはこちらを御覧下さい。
ameblo.jp/ikumi-621/entry-11745909082.html
嫌がらせ行為について
この被害を受け、思うのですがこんな大掛かりで(ネットを使えば老若男女出来る犯罪ですが)執拗な嫌がらせをされる覚えは無いと言う事は断言出来ます。
これはしている側が明らかにおかしいのであって、こちらには身に覚えはありません。
人間なので完璧ではありませんが、普通の生活を送る普通の主婦です。そして誰かに嫌がらせを仕掛けた事もありません。他の被害者の方もそうではないでしょうか?
一個人に対するにはあまりにも執拗で、こちらが何か犯罪を犯したかの様に大勢で監視・嫌がらせ行為・待ち伏せ等をしてこちらに不安を与えたり、普通に考えて明らかに不審行為をしているのは自分達と言う事に気付かないのでしょうか・・?
ですが、コソコソとバレ無い程度にする事を考えると嫌がらせをする側にも少しは自覚はあるんでしょうか?
私個人にしていると周囲にバレ無い様に行いますので・・。
される側が悪いと何かにこじつけて説明するかもしれませんが、当人が居ない所では何とでも言えます。
誰にも恥じる行為では無いと言うのなら、周囲に恥じる行為で無いと言うなのなら距離を置き様子を伺いながら嫌がらせをする必要は無いはずです。
加害者でありながら被害者を演じ、ネットを悪用し腹いせにこの様な自体を引き起こした者、誰が言わなくてもきっとその行為にふさわしい結果が訪れる時が来ると思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。