集団ストーカー周知活動~未来のために~
プロフィール

Author:miko
この被害に遭ってからブログに
記録を綴る事で多くの方にこの
犯罪を知って頂きたいと思って
おります。
犯罪の特性として第三者に気が
付かれにくい部分もありますが
周知活動を続けていきたいと思
っております。今後は具体的な
事を綴っていく予定です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団ストーカー関連事件
「オリンパス訴訟」この事件をご存知の方もおられると思います。
大手のオリンパスの企業が企業ぐるみで、都合の悪い一個人をあらゆる方法で追い詰め、社会的に抹殺するという手口が暴かれています。

「オリンパス訴訟」を詳しく知るある人物がその手口を説明する


「悪質な企業では、会社にとって都合のよくない社員に対して『精神的なケアをする』との名目で、会社お抱えの産業医に診断をさせるんです。この産業医が会社とグルで、その社員を『君は精神分裂症だ』『重度のウツなので治療が必要』などと診断し、精神病院へ措置入院させたり、合法的に解雇してしまい、事実が隠蔽されてしまう過去にセクハラを訴えた多くのOLなどがこの手口で社会的に抹殺されていますし、今回のHさんもそのひとりの疑いがあります」

<T谷弁護士は(編注:原文は本名)都内の大手コンサルティング会社から労働法の専門弁護士として依頼を受任し(略)、不都合な社員や退職させたい社員がいる際には、まず集団ストーカーと呼ばれる手口で、その社員の周辺に複数の人間が常につきまとい、その社員に精神的苦痛を与え続け、その社員がたまらなくなって、怒鳴ったり暴力を振るったりしやすいようにする、もしくは精神的苦痛で自殺しやすい状況にする行為を続ける>
このような集団ストーカー行為もしくは産業医の制度を悪用する手口を使って被害を訴える個人に対し、精神分裂症等の精神病として診断書を作成して被害者の発言の信憑性を低下させ、その上で産業医が治療と称し措置入院等を行う事で、報道、捜査機関、裁判所等を欺いて対応が出来ないようにし、さらに一般市民を自殺や泣き寝入りに追い込む冒頭の裁判関係者が言う。

「問題の女弁護士については、以前から集団ストーカーや嫌がらせ電話などの怪しい手口のウワサが絶えなかった。今回もそのやり方をして敗訴ですからね。これからヤバいんじゃないかって、弁護士や裁判官たちはウワサしてますよ」

以上は、この事件の全貌を記した記事であり、一部抜粋して載せましたが、集団で個人に付き纏いあたかも対象者が自滅したかの様に見せて社会的に抹殺する手口が書かれています。会社組織の中で、この様な犯罪が繰り広げられている事に驚きますが、この様な犯罪が組織に限らず一般の人間に対しても行われているという事実を知って頂きたく掲載致しました。
この犯罪のマニュアルは、小さい規模なら「いじめ」にも利用されつつあります。なぜなら、仲間同士で口裏を合わせ対象者を孤立させやすいからです。
ただ集団でも、会社や学校などでは、その成果は期待できないかもしれません。
実際この様に、訴えられる事もありますし内容が悪質なので発覚した際は、なんの力も無い集団が露見され処罰されるだけです。なんでも集団だと怖い印象を受けますが一つだけ見ると何の力も無い存在だと分かります。
集団という隠れ蓑に入っていないと、いじめられるという観念しかない弱虫達は1対1では何も出来ないのです。

スポンサーサイト
今の日本は、平和?
様々な問題で揺れる日本ですが、今日本は「平和」なんだろうか?という疑問は常にありました。
平和なら、こんな異様な犯罪が横行していても「人事」と無視できるんでしょうか。
みなさん訴えています。「集団ストーカー被害に遭っている」「法整備して欲しい」
「黒い噂の絶えない団体」「生命の危機に瀕している人も居る」「自殺に追い込まれている」「日常生活が破壊される」・・・・など。この犯罪が公にはならず、どうでも良い下らない小さな事は報道するメディア。根くらべのつもりでしょうか。
こんな深刻な犯罪が横行しているのに、分かっていてなぜ無視するんでしょうか。
吉松育美さんの被害もなぜ報道されないのでしょうか。タブーだから隠すって??
真実を無視して、幻想を流すメディアは信頼を失って当然。視聴率が落ち続けて然りです。
身の保身も大事でしょう。それぞれ生活の基盤がありますから。ですがこのままでは本当に「平和」は消えてしまいます。
無添加生活 
添加物に配慮した物が以前より、ぐんと増えたように感じます。
それは、食品から(香料・甘味料・着色料など)、シャンプー(ノンシリコンなど)に至るまで。食品は添加物無しという食材は探すのが大変ですが手に入れることは出来ます。野菜や米などは比較的安全と思われます。
自分で作って自分で食べる事が一番安全とは思いますが、これも難しいですね。
化粧品で、荒れた事は色々な事を見直すキッカケになったので、無駄な事は無いのかも知れません。
ですが、自分の身に起きるからこそ行動も起こせますが、身に起きない事に関してはなかなか行動できないのが人間なのかもしれません。
今、問題となっている集団ストーカー犯罪も、起因となっている組織や裏のツールなど、社会の病巣を突き止めるきっかけになればと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。